~医療放射線と未来~  徒然日記

放射線医学に携わる日々の活動と 趣味のいけばなを紹介しています。

華道部お稽古17/07/03(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

キイチゴ(木苺)、アジサイ、フトイの3種を盛花の直立型に生けました。主枝にキイチゴかフトイかが思案のしどころですが、キイチゴの葉がとても瑞々しかったので主枝とし、客枝にも用いました。葉があまり多いと暑苦しいので、適宜落します。アジサイ3本を客枝、中間高の枝、中間低の枝にしますが、ここでアジサイの花が大きく頭でっかちですと重苦しいし格好良く立たないので、適宜整形して小さくします。中間高の枝も、客枝よりも少し低く、中間低の枝は思い切って前の足元に低く生けます。さらに他の枝と密着しないよう少し間隔を取ると涼しい印象となります。次にフトイ3本ですが、1本をすっと立てて、あとの2本も高低のメリハリをつけ1本と2本のまとまりを作ります。フトイの穂はあまり多いとバランスを崩しますので適宜落します。できあがって見ると、キイチゴを主枝、副枝に選んだのが功を奏し、瑞々しい光沢の葉がそれぞれ良い表情を示し、3次元的にあるべき位置に収まってくれています。アジサイを思い切って低くしたおかげで、フトイのすっと真っ直ぐな姿が引き立ちます。今日はたいへん蒸し暑い日ですが清涼感のあるいけばなとなりました。1学期のお稽古は今日が最後で、次回は8月28日です。

DSC00810-盛花170703

華道部お稽古17/06/26(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

ニシキギ、バラ、ドラセナ・ゴッドセフィアーナの3種を盛花の直立型に生けました。ニシキギは秋には鮮やかな紅葉となりますが(紅葉の錦だそうです)、この季節は涼やかな深緑です。ニシキギ3本を主枝、客枝、中間枝に生けます。ピンクのバラ3本を客枝、中間高、中間低にそれぞれ生けます。客枝よりも中間高の枝が外に出ないことがポイントです。ドラセナ・ゴッドセフィアーナの1本を前の足元に生けるのは基本の通りですが、もう1本の生け方が大事です。花材の弯曲を生かして真ん中にぐいっと入りつつ、葉の表を見せつつ、しかも横広がりにならないように、位置と角度を決めました。
できあがって見ると、3本の役枝の3角形、3本のバラの3角形が定型の通りの枠組を構成し、ニシキギの深緑とドラセナ・ゴッドセフィアーナの黄色のコントラストが映えています。ここにバラの薄いピンク色も涼しげに調和していますね。

DSC00805-盛花170626

華道部お稽古17/06/19(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

ガマ、ナルコユリ、スカシユリの3種を盛花の直立型に生けました。ガマ3本を主枝1本、中間枝2本に生けます。生ける前に適切な長さに切って、葉が横に広がらない形に整え、根元を括ったうえ、さらに葉を指で上に絞るようにしごいて、柔らかにしなだれるようにします。ナルコユリ3本を副枝1本と中間枝2本に生けます。スカシユリ2本を前の客枝と後ろに生けます。ナルコユリとスカシユリがよくまとまって配置され、リジッドな感触があります。それに対応するように左側のガマの葉が、微風にふんわり優しく揺らいでいます。奥行きの広がりと縦の引き締まり、枝の向きと高低のメリハリ、花材の色の落ち着いた対照、そのような要素が粋な雰囲気を醸し出しています。

DSC00801-盛花170619

米国核医学会SNMMI_2017@Denver

米国核医学会SNMMI 2017, Denver, June 10-14に参加して、座長、演題発表をしました。
5,000人以上の参加者が最新の知見を報告、討論し、交流を深め、実り多い学術集会でした。

DSC00602-snmmi@denver.jpg



華道部お稽古17/06/05(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

リアトリス、ナルコユリ、スカシユリの3種を盛花の直立型に生けました。リアトリス3本を主枝、副枝、中間枝に生けます。主枝を少し外に傾けて懐を広げます。ナルコユリは花柄をきれいに除去しておきます。このナルコユリ3本のうち1本を客枝に生けます。客枝の足元は副枝よりやや前が基本です。さらにナルコユリの1本が、カーブした花材であるのを生かして、真ん中から前方に張り出すようにします。もう1本は基本の通り前の足元に生けます。スカシユリ2本を前と後ろに生けます。いずれの枝も陰になることなくすっきりと顔を見せ、縦に引き締まって前後の奥行きをしっかり創ることができました。リアトリスの色彩が鮮やかで、ナルコユリもスカシユリもほどよく調和した、梅雨入り前の今日の爽やかな陽気にぴったりの涼しげないけばなとなりました。一両日中にはスカシユリが咲いてまた格別の華やかさが広がるのが楽しみですね。

DSC00796-盛花170605




プロフィール

細野眞

Author:細野眞
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR