~医療放射線と未来~  徒然日記

放射線医学に携わる日々の活動と 趣味のいけばなを紹介しています。

華道部お稽古17/12/4(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

サンゴミズキ、ドラセナ、ストックの3種を盛花の直立型に生けました。サンゴミズキ3本を主枝、副枝、繋ぎの枝に、良く矯めて生けます。ドラセナ2本を客枝と繋ぎの枝に生けます。通常は、客枝よりも繋ぎの枝を高く生けますが、ここでは低く生けるのが大きな要点です。次にストック2本を生けますが、3本生けるよりも2本よいバランスに生けるのは難度が高いように思われます。さて、さきほどドラセナの繋ぎの枝を低く生けましたが、それによって、後ろのストックが隠れること無く顔を見せることができます。全体として形のよい高低のバランスを形作ることができます。最後に足元にストックの短い葉を生けて隠します。
客枝のドラセナも大きく引き立ちますね。奥行きある空間を構成することができました。

DSC00879-盛花171204



華道部お稽古17/11/27(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

サンゴミズキ、ガーベラ、ユーカリの3種を盛花の傾斜型に生けました。サンゴミズキを主枝、副枝、繋ぎの枝に生けます。サンゴミズキを良く矯めることが本日の課題のひとつです。ガーベラを客枝、中間枝2本に生けます。ガーベラは平たい花なので単調になりがちですから、工夫して表情が良く輝く向きに生けます。ユーカリの生け方が大事なポイントで、そのまま、どの枝も同じように生けると棒立ちの印象になってしまいます。今回は一番後ろのユーカリは矯めたうえで後ろから前に泳がせるように生けています。前の方のユーカリは、すっと立った落ち着いた生け方です。左側は足元の剣山を隠すように低いユーカリを生けています。同じユーカリでも、すっと立った佇まいや流れた佇まい、高いものや低いもの、それらの変化を付けると見違えるように多彩な趣を醸し出すことができます。

DSC00871-盛花171127

華道部お稽古17/11/13(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

クワ、スカシユリ、アレカヤシの3種を盛花の直立型に生けました。クワの3本を主枝、副枝、中間枝とします。スカシユリの2本を客枝と中間枝に生けますが、向きが揃っては面白くないので、客枝は花が横に並び、中間枝は花が縦に並ぶようにしました。それに伴って余分な蕾は落としました。客枝のスカシユリの足元にあたかも客枝から生えているように短いスカシユリの葉を生けて、足元の隙間を隠しました。お師匠様から教えていただいた技です。さて、アレカヤシの2本をどのような形に生けるかが大きなポイントです。1本は基本通り足元に生けてあまり寝過ぎないようにし、もう1本は葉の表を手前に向けつつ中ほどの空間にすっぽりと収めました。葉先がハラリと客枝のスカシユリにかかっているのも良いです。さてここで、残っていたアレカヤシの余りの部分を後ろに生けるようにお師匠様に教わりました。このひとつが加わることによって前後の奥行きが広がり、スケール感のある作品となりました。習わなければ独力ではとても思いつかない技です。

DSC00866_盛花171113

華展17/11/03(近畿大学高度先端総合医療センター・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

近畿大学医学部華道部華展2017@金剛祭でいけばなを展示しました。
お師匠様のご指導のもと、部員に手伝っていただいて立派な作品に仕上げることができました。
花材は、杜松(トショウ、ネヅ)、ウメモドキ、ユリ、ドラセナです。杜松が力強く聳え、ウメモドキの赤が映え、ユリが優雅に佇まい、紅のドラセナ、紫のドラセナが深みを与えてくれます。壮大な空間を演出した華やかな作品となりました。

DSC00862-華展にて171103_compact


華道部お稽古17/10/30(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

ハラン、ガーベラ、カスミソウの3種を盛花の直立型に生けました。ハランは巻いて矯めが効きます。3本を主枝、副枝、中間枝とします。中間枝は当初、右に寝かせた姿にしていましたが、立たせたほうが引き締まります。ガーベラ3本を、客枝、中間高、中間低に生けますが、中間高の枝は突っ立っていても無粋なので、少し左に傾けて、ハランから顔を覗かせます。カスミソウは当初、漠然と広げて生けてしまいましたが、お師匠様にご教示いただき、短めのカスミソウを束ねて根元を括り、濃密なひとかたまりを作って真ん中に生け、それに差し込むように、疎なカスミソウの枝を少し長めに生け、さらに右後ろにも低いカスミソウを加えますと、カスミソウに疎・密、また高・低のメリハリができます。できあがってみますと、ハランの形を生かした配置に、ガーベラとカスミソウの色彩がよく調和した、上品な生け花となりました。

DSC00835-盛花171030






プロフィール

細野眞

Author:細野眞
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR