FC2ブログ

~医療放射線と未来~  徒然日記

放射線医学に携わる日々の活動と 趣味のいけばなを紹介しています。

華道部(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示)12/09/24

ニシキギ、菊、小菊を傾斜型に生けました。主枝にニシキギを用いて対角線上に張り出させ、別の短い枝を前方に添えて生け、あたかも主枝から出ている枝のように見せます。副枝のニシキギは真横よりちょっと後ろに向ける。主枝と副枝の間にもう1本ニシキギを配置し、3本のニシキギで枠組みを形作ります。ニシキギは矯めて弯曲をつけることによって、ニョキニョキと生き生きします。
客枝に小菊を配置、1本だけでは弱いので、もう1本小菊を添えて、両者まとめてひとつの客枝とします。小菊はまとまり過ぎても煩雑で、広がりすぎても散漫ですので、他のいくつかの小菊を加えて心地よい配置とし、高低にメリハリをつけます。扱いに工夫を要する花材です。菊は鮮やかな黄色がくっきりしており、配置としては等辺三角形では面白くないので、前の2本は寄せることにより、全体として変化をつけます。
ニシキギ3本(主枝、副枝、中間枝)と菊3本の配置の対照に、紫の小菊の一群が可憐に寄り添っている作品となりました。

華道部120924_1


【別のバージョン】
主枝、副枝、中間枝はニシキギですが、客枝に黄色の菊を生けました。もう1本の背の高い菊を中央に、さらにもう1本の背の低い菊を奥に生けて、メリハリをつけました。
このバージョンの方が、客枝に菊という点でオーソドックスであると思いますが、敢えて客枝に小菊を生ける方が洒落ているように感じました。

華道部120924_2

スポンサーサイト





プロフィール

細野眞

Author:細野眞
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR