FC2ブログ

~医療放射線と未来~  徒然日記

放射線医学に携わる日々の活動と 趣味のいけばなを紹介しています。

華道部お稽古19/06/13(近畿大学医学部放射線医学・高度先端総合医療センターPET・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

初夏の陽気です。
チンシバイ、キキョウ、フトイの3種を盛花に傾斜型に生けました。
チンシバイは水揚げのために根を叩いて砕いておくと良いです。矯めは利きにくいので傾斜型の主枝に相応しい形の枝を選びます。白く花開くのが心待ちされます。主枝は二枝になっていたのですが取りあえずは温存して後から手を入れることとします。副枝には大人しい枝を、繋ぎの枝にはやや弯曲した面白い枝を主枝と同じくらいの長さに使います。客枝にキキョウ3本を客枝、中間高、中間低に生けます。前の2本は花の咲いた枝を華やかに生け、後ろの1本は蕾の枝を生けました。花を1-2個残して、余分な茎を落しますが、葉は落とさないよう充分注意します。今回は油断して水揚げが悪くなって萎びてしまったのが反省点です。俯いてしまうのをなんとか上向きの形に収めます。フトイ3本を後ろに2本、前に1本こけさせて(傾けて)生けます。褐色の花がアクセントとなります。フトイをもう1本、折り曲げて生けますが、屈曲点は左に高く張り出させ、水平脚は右下へ傾斜させます。フトイの屈曲した形が明瞭に見えるように、余分だった主枝のチンシバイの二枝の1つを思いきって落としました。チンシバイの小枝を前の足元、右の足元に配置して、剣山を隠します。キキョウの紫とフトイの褐色がアクセントとなり、濃い緑、薄い緑がコントラストをなして、初夏らしい涼しく力強い作品となりました。ダイナミックに屈曲したフトイを配することによっていけばなのランクがあがったように感じられます。

DSC01037_盛り花190613




スポンサーサイト





プロフィール

細野眞

Author:細野眞
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR