~医療放射線と未来~  徒然日記

放射線医学に携わる日々の活動と 趣味のいけばなを紹介しています。

華道部お稽古17/05/22(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

アリウム(Allium)、ヒマワリ、ドラセナ・ゴッドセフィアーナの3種を盛花に直立型に生けました。アリウム3本を主枝、副枝、中間枝として生けますが、茎がクランクのように屈曲した花材の天然の性質を生かして、姿良く配置します。 次にヒマワリ3本を、客枝1本、中間枝2本に生けます。このとき、中間枝のヒマワリを高く生けるか低く生けるかが、大事な選択肢で、私は初め単純に、ヒマワリはお日様の方を向いているので、背が高い方が自然ではないかと思ってしまったのですが、お師匠様に教えていただき、実際には背を低く落として、アリウムの高さとメリハリをつけるとたいへん良い形に整います。なおヒマワリの葉は萎れやすいので、既に萎れかけているものは落としておきます。あとはドラセナ・ゴッドセフィアーナの3本を、真ん中に2本、前の足元に1本生けます。足元の1本が後ろから向かって左前に伸びているのが大きな要所です。このようにすると、主枝、副枝、客枝の役枝の3角形の大枠のなかで、アリウム3本の3角形、ヒマワリ3本の3角形がよく馴染み合います。淡い紫のアリウムが背高く佇み、低く落としたヒマワリの鮮やかな黄色とのコントラストを成し、ドラセナ・ゴッドセフィアーナの紋様が良いアクセントを与えています。
今日はお稽古のあと、新入部員歓迎会です。新入部員の皆様、入部、そして入学おめでとうございます。

IMG_0133-盛り花170522




スポンサーサイト


プロフィール

細野眞

Author:細野眞
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR