~医療放射線と未来~  徒然日記

放射線医学に携わる日々の活動と 趣味のいけばなを紹介しています。

華道部お稽古17/05/08(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

ショウブ(菖蒲)、シャクヤク(芍薬)、ナデシコ(撫子)の3種を盛花に直立型に生けました。ショウブ3本を主枝、副枝、中間枝として生けますが、直線に並ばないように(逆)くの字型に配置します。それぞれの枝の前後に葉を生けますが、よい形に葉を組み合わせ、葉先の爪の形が向き合うようにし、さらに左右の葉のどちらを高くするかメリハリをつけます。シャクヤク2本を客枝と中間枝に生けます。シャクヤクの葉を前の足下と右側の足下に生けて剣山を隠します。ナデシコ2本を前後に生けますと、シャクヤクとうまく調和し、特に前のナデシコの位置は愛らしさが引き立ちます。ナデシコとシャクヤクはお互いの個性を輝かせ合ってくれます。この季節に相応しい花材を使わせていただいて、華やかに厚みのあるいけばなとなり、誠にありがたいことです。

DSC00785-盛り花170508


スポンサーサイト


プロフィール

細野眞

Author:細野眞
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR