~医療放射線と未来~  徒然日記

放射線医学に携わる日々の活動と 趣味のいけばなを紹介しています。

華道部お稽古16/09/05(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学医学部放射線医学・細野眞・Makoto Hosono・Kindai University)

ゴッドセフィアーナ、ハナナス(花茄子)、ニリンギク(二輪菊)の3種を盛花(もりばな)の傾斜型に生けました。ゴッドセフィアーナは2本用い、1本は主枝に、もう1本は中間枝に生けます。中間枝は正面に向きすぎると平板になりますので斜に構えさせます。ハナナスを4本用い、1本は副枝にして、やや後ろに向け、もう1本は背を高く生け、残り2本を開いたスペースに配置します。 ニリンギク3本は、1本は客枝、1本は前方に生けますが、もう1本は後方に配置して、ゴッドセフィアーナから顔を覗かせるようにします。今回のいけばなは、直立型でなくて傾斜型にしたこと、主枝に葉ものであるゴッドセフィアーナを生けていること、主枝・副枝・客枝が違った花材であること、さらに元々は長い花材のハナナスを切り分けて本数を増やし実の豊饒感を演出していること、これらの点が別格に洒落た印象を創り出しています。お師匠様のご指導のおかげです。

DSC00654-盛り花160905

スポンサーサイト


プロフィール

細野眞

Author:細野眞
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR