FC2ブログ

~医療放射線と未来~  徒然日記

放射線医学に携わる日々の活動と 趣味のいけばなを紹介しています。

華道部お稽古14/09/01(近畿大学高度先端総合医療センターPETに展示・近畿大学放射線医学・Makoto Hosono)

夏休み明けでお稽古が再開しました。

石化エニシダ、二輪菊、ドラセナ・ゴッドセフィアナを瓶花(へいか)に直立型に生けました。主枝に石化エニシダ、副枝にも石化エニシダ、その間に繋ぎの枝としてもう1本石化エニシダを生けます。これは写真ではちょっと左に倒れて見えますが、実際にはもう少し右にあります。瓶の入り口でのこれらの枝の配置を引き締めます。客枝に二輪菊、中間枝にも二輪菊、葉をほぐして形を整えるのと、葉が横広がりならず縦にするのがポイントです。さらにドラセナ・ゴッドセフィアナを左前に低く生けます。最後に、もう1本のドラセナ・ゴッドセフィアナを空間の真ん中に置くと、明るさとお洒落さが加わり、すべての枝が調和して見違えるような作品になりました。まさに画竜点睛です。

DSC01315-瓶花140901


今日はもうひとつの作品として、フウセントウワタ、リンドウ、ケイトウを盛り花に直立型に生けました。フウセントウワタ2本を主枝と副枝に生けます。フウセンが多すぎるので、適宜端折ります。ケイトウ2本を客枝と中間枝に生けます。花が首をかしげているので、俯いたり後ろ向いたりしないように、向きを調整します。リンドウ2本も生けます。足元の剣山を隠すのに先ほど端折ったフウセンを置きます。闊達な作品となりました。

DSC01324-盛り花140901




スポンサーサイト


プロフィール

細野眞

Author:細野眞
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR